Gesanmedo ――Tibetan Highlands Elementary School Construction Fund NPO

チベットカム山岳研究会企画NO160607

 

独特の文化や風習が今も息づく「空白地帯」雲南秘境を行く
インド、ミャンマーヒマラヤと中国西南山地・独龍江
横断山脈の核心部世界遺産三江併流から文献之邦・大理へ
――心の旅、未知の世界へ――
  

 

独龍江大峡谷

 

入れ墨をしている独龍族の老婆

 

 

旅行期間: 2016年6月7日(火)〜6月21日(火)の15日間

募集人数:8名(※少人数も実行します)

予定代金:438,000円 (※予価人数により費用は変わります)  

募集締切:2016年4月8日 (金) まで

旅先紹介

 三江併流(さんこうへいりゅう)は中国のチベット高原に源を有する三つの川、金沙江(長江上流部)、瀾滄江(メコン川上流部)、怒江(サルウィン川上流部)が雲南省北西部のデチェン蔵族自治州及び怒江リス族自治州を平行に流れている1,698,400haに及ぶ地域で、その地域は14の保護された地域から構成させ、動植物層が豊かなことから、ユネスコの世界遺産に登録されています。

 三江併流はインド亜大陸とユーラシア大陸の衝突によって生まれた巨大な褶曲地帯で、地域内の気候は場所によって多様であり、これは結果的に地域内の動植物層の多様化を促進しています。

 旅の前半は、まず世界文化遺産に登録されている麗江へ、その後、絶滅危機動物とされ、国際自然保護連盟からも世界で最も絶滅の危機がある動物種に指定されている金絲猴(きんしこう)の棲息する塔城へ、金絲猴を撮影してから高山植物を咲き乱れる老君山を訪ねます。その後はメコン川を下ってから怒江に移動してチベット自治区の近くまで上がって行きます。更に「野生植物天然博物館」に認定されている独龍江峡谷へ行きます。独龍江は雲南西北部、ミャンマーと接する国境線にあり、ここに雪山が連綿と続き、峡谷が険峻で、東側の高黎貢山は外地への交通を遮断したことで、中国で原始生態保存が最も完璧な地域の一つです。「空白地帯」という秘境を出てから、文献之邦・大理へ、途中、彝族の文化をもっとも色濃く残されている地域巍山イ族回族自治県大倉鎮の琢木郎村を訪ねます。その後、文献之邦・大理古城を訪問します。

 気候的に6月になっていますが、行き先は高原であることで、東京の5月とほぼ同じ過ごしやすいところです。また行く地域によって、住む民族も違います。 この度の魅力は旅先の 豊かな自然や雄大な山地などを間近に望み写真撮影をエンジョイすること以外、異境の食文化を体験することと、この地域に暮らすさまざまな民族と触れ合うこと・・・なども魅力でしょう。

 日本からは現地出身で、彝族の探険家であり写真家として知られる烏里烏沙氏( チベットカム山岳研究会会長)も同行し、皆さんのお世話をさせていただきます。現地では専用車をチャーターして行動します。撮影や取材するプランを基本として、日程も余裕を持って行動いたします。基本的には車での移動ですので、歩くのが苦手の方でもご参加いただけます。どうぞ、この機会にふるってのご参加をお待ちしております。

最も絶滅の危機がある動物種に指定されている金絲猴

 

スケジュール

  01日目 (6月07日・火) 東 京――麗 江  【空路  北京か上海を経由】

  02日目 (6月08日・水) 麗 江──塔 城  【万里長江第一湾】

  03日目 (6月09日・木) 塔 城──老君山  【金糸猴、老君山植物】

  04日目 (6月10日・金) 老君山 滞 在   【九十九龍潭 高山植物】

  05日目 (6月11日・土) 老君山──蘭 坪  【少数民族風情】

  06日目 (6月12日・日) 蘭 坪──六 庫  【メコン川渓谷・高山植物】

  07日目 (6月13日・月) 六 庫──貢 山  【怒江渓谷 リス族民居】

  08日目 (6月14日・火) 貢 山――独龍江  【怒江渓谷 怒族村を訪問】

  09日目 (6月15日・水) 独龍江 滞 在   【独龍族村を訪問 怒江渓谷】

  10日目 (6月16日・木) 独龍江──貢 山  【独龍族,、怒族村を訪問 大峡谷】

  11日目 (6月17日・金) 貢 山――六 庫  【リス族村を訪問 大峡谷】

  12日目 (6月18日・土) 六庫〜片馬〜六庫  【高山植物と国境の町を訪問】

  13日目 (6月19日・日) 六庫〜琢木郎村〜大理 【琢木郎村を訪問 大理古城】

  14日目 (6月20日・月) 大 理――麗 江  【藍染めの里周城】

  15日目 (6月21日・火) 麗江〜北京〜東京  【空路 北京か上海を経由 帰国】

 

実費で計算しているので、4名〜7名:488,000になります。

お一人部屋使用料:48,000円になります

現地の事情により、スケジュールが変更することがございます

行き先概念図

 

メンバー募集中! お申し込み 

 申込方法:申込書に必要事項をご記入し、

       パスポート(顔写真のページ)のコピーを添えて、

       下記「お申込先」までお送り下さい

 お申込先 :〒176-0012 東京都練馬区豊玉北 6-23-11-504

        特定非営利活動法人 チベット高原初等教育・建設基金会事務所

        TEL&FAX: 03-5912-1233

        e-mail: wusa@gesanmedo.or.jp


HOME

――――チベットカム山岳研究会・2016年1月1日――――