Gesanmedo ――Tibetan Highlands Elementary School Construction Fund NPO

写真展速報!

2008成都中日撮影作品展開幕式

(2008四川大震災チャリティ日中文化交流写真展)

 

――迷人風景 動人的愛 ――

 (魅了・感動の光景・日本と中国)

写真展オープニングを盛り上げる被災地小学生の合唱

 

 去る2008年11月23日〜11月28日にかけて上記団体の主催・後援による四川震災復興文化交流チャリティ写真展が開催され好評を博した。会場は成都市民に人気のあるイトーヨーカドー錦華店・中央ホール。

 11月23日午前10時から行われた開幕式には主催者、来賓、中国側出展写真家、一般来場者の他、日本側からは渡辺(JPS)・小口(JPS)・望月(静岡)・萩原(神奈川)・田中(神奈川)の5名が参加した。

 出展は日本側31名85点、中国側10名48点。会期中は大勢の来場者が中国と日本の写真作家が撮影した写真作品を鑑賞し、大変な賑わいを見せた。会期最終日の28日には出展作品のチャリティオークションが行われ、その収益金24350元は四川省人民対外友好協会、成都イトーヨーカドー錦華店、成都飛鳥文化交流有限公司の関係者及び写真作品購入家族のなかから3組みを選出、12月5日に被災地・映秀小学校を訪れ、直接寄贈された。

 作品出展者名は次の通り。佐藤成範、伊丸岡秀蔵、岩崎洋一郎、内野志織、小口昭宣、小口貴裕、大塚知則、岡崎祐武、岡本央、鎌澤久也、木寺良三、久保靖夫、酒井憲太郎、小平博之、小松健一、清水公代、立木寛彦、渡辺千昭、青山潤三、鈴木章夫、鈴木孝雄、紀田幸男、井口正通、山本豊行、茂出木協子、佐藤三千男、利根川敏夫、広田良雄、広田妙子、玉置寿光、田中久子、萩原恭子。中国から烏里烏沙、康大全、劉乾坤、趙武、鄭燕、王建栄、沈尤、廖柯、王寛、曾宇、合計42名。

 
開幕式で挨拶する基金会烏里烏沙理事長

写真展の趣旨を説明する四川省対外友好協会会長秦琳女士

イトーヨーカドー錦華店店長宮淳氏,中国写真家代表元四川省写真家協会会長康大,・日本山岳写真集団代表渡辺千昭

オープニングの花火

写真展会場の風景 

写真展の最終日に出展作品のチャリティオークションが行われた時会場の様子 写真提供:張奇

震源地 川県映秀に立てられた地震記念碑と映秀新貌(復興した映秀)      写真提供:張奇

五・一二 川大震災遭難者墓地
地震後の映秀小学校校舎、これから立て直す予定

友好協会の向瓊花さんと民族衣装をしている羌族の教員・生徒たち

 

 

主催:NPO法人チベット高原初等教育・建設基金会

   中国四川省人民対外友好協会

   中国成都伊藤洋華堂錦華店(イトーヨーカドー)

共催:成都飛鳥文化交流有限公司

後援:日本国駐重慶総領事館  

   成都中日友好交流之窓  

   成都日本人商工会   

   甲府商工会議所成都事務所  

   日本中国写真芸術研究会  

   月刊「カメラマン」

   中国撮影出版社

開催期間:2008年11月22日(土)〜28日(金) 

HOME

――――チベットカム山岳研究会制作・2009年1月3日――――