Gesanmedo ――Tibetan Highlands Elementary School Construction Fund NPO

高原に生きる人々

・チベット高原の諸民族・

 チベット高原は、地球での海抜高度が最高の大高原であり、平均海抜4,000メートル以上,多くの山峰の高さは7,000〜8,000メートルに達し、「世界の屋根」といわれています。ここには多くの大山脈が走り、西南には世界的に有名なヒマラヤ山脈、西北にはクンルン山脈、カラコラム山脈、中部にはガンディセ山脈、ダングラ山脈、ニェンチェンダングラ山脈、束には横断山脈があります。チベットには、海抜8,000メートル以上の高峰が6、海抜7,000メートル以上の峰が50あり、海抜6,000以上の峰は数え切れない。万年雪をいただく高峰と氷河が奇観を展開します。空から見たチベット大地はまさしく山の大海原。山の王者は何といっても世界の登山家のあこがれの世界の最高峰一一チョモランマ峰です。

 チベット高原は、地球でもっとも年の若い大高原です。20,000万年余り以前ものむかし,ここはまだ、広大な海洋であった。その後、ここは南北方向の圧力を受け、やっと隆起して陸地となったが、地勢は高くはなかった。この数百万年の問に、地層はいっそう圧力を受けたので、それで青蔵高原は大幅に隆起して、現在の「世界の屋根」となりました。さらに,隆起上昇の状況は今も続いています。

 ここは230余万平方キロメートルの高原には高寒冷帯から亜熱帯まで6つの垂直気候帯があります。土地は広大だが、人口はわずか約500万人、中国で人口密度が最も小さい。人びとは草原、谷間、山間、平原などに散らばって生活し、さまざま異なる陽光と風雪を受けて、それぞれ特色のある生活様式、人文、風格をもっています。かれらの言語、気質、髪型、服飾、スタイルなどを見てもそれがわかります。

 これらは何よりもまず太陽の恩恵です。チベットの年間日照時間は平均3,000時間をこえ、強い紫外線が人びとの皮膚を古銅色に焼き、頑丈な身体につくりあげる。高原の強い風が砂や雪を巻きあげながらチベット大地に吹きつけ、高原人特有の角ばった顔立ちをつくり、長い年月かけて造った塑像のように、堅忍、沈着で、個性にあふれている。チベット民族は森で猟をし、草原で放牧し、山間で農耕し、大地で移動し、大自然と溶けこみ、またたたかう民族の文明発展史をつづってきた。チベットのどの農村、牧村に行っても、美しい牧歌、山歌から、人と自然の融和を感じとり、労働の喜びを知ることができます。

 自然環境、生活様式、宗教・文化は高原に生きる諸民族の善良、純朴、親しみやすい性格を培い、平凡で静かな生活に詩のような情意をあふれさせている。世々代々、労働の喜びにつかり、どの祭りも歌と踊りが欠かせない。このように、高原の歳月に意義をもたせ、最も高い所に住む人類の生命力あふれる姿をかもし出しています。

 ここはチベット高原に生きる諸民族について簡単にご紹介します。

               

 チベット高原民族分布図

       

  

 

チベット族
メンバ族
ロッバ族
彝 族
曼陀羅
曼陀羅
チャン族
曼陀羅
曼陀羅
曼陀羅
回 族
曼陀羅
曼陀羅
トゥー族
曼陀羅
曼陀羅
曼陀羅
ユーグ族
曼陀羅
曼陀羅
東郷族
サラール族
普米族
保安族
写真で見る
チベット高
原の諸民族
カザフ 族
ウィグル族
ペー族
ヌー族
曼陀羅
曼陀羅
ナシ族
曼陀羅
曼陀羅
曼陀羅
モンゴル族
曼陀羅
曼陀羅
リス族
曼陀羅
曼陀羅
曼陀羅
独龍族
曼陀羅
曼陀羅
デンバ
シェルバ
モソ人
ベマ人


HOME

――――BBC世界の屋根探険会 烏里 烏沙 制作・2004年3月8日――――