Gesanmedo ――Tibetan Highlands Elementary School Construction Fund NPO

 チ ベ ッ ト の 地 理

 

 

チベット(青蔵)高原

 青蔵高原は中国南西部にあり、西蔵自治区・青海省の全域甘粛・四川両省や新彊維吾爾自治区の一部が含まれる。その面積は約230万平方キロメードルで、全国総面積の4分の1を占め、平均標高4.500メードルである。世界では最大の面積と標高をもつ高原で、「世界の屋根」と呼ばれている。

 青蔵高原は、実際には高くて大きな多数の山脈からなる高山の「大本営」である。したがって、地理学者はしばしば「山原」と呼んでいる。高原上の山脈としては、南から北にヒマラヤ山脈・岡底斯山脈・念青唐古拉山脈・唐古拉山脈・喀拉崑崙山脈・崑崙山脈・祁連山脈などがある。これらの大山脈は、すべて標高5.000メートルから6.000メートルである。青蔵高原は東南アジア・南アジア・中央アジアの多くの大河川の分水嶺・水源地である。長江・黄河・瀾滄江(下流はメコン川)・怒江(下流はサルウィンル川)・雅魯蔵布江(下流はブラマプトラ川)・恒河(下流はガンジス川)・インタス川・塔里木河などは青蔵高原を中心に放射状に流れ、水源は青蔵高原を囲む雄大な諸山脈に発し、水資源としてきわめて豊富である。

 高原の面積は広く、各地の地形にも相違があるが、ほぼつぎの4地域に区分される。

 藏北(チベット北部)高原は崑崙山脈・唐古拉山脈・岡底斯山脈・念青唐古拉山脈に囲まれた広大な高原である。チベット語では「羌塘」というが、それは「北の高地」という意味である。この高原は長さ約2.400キロメートル、幅約700キロメートルで、全自治区面積の3分の2を占め、平均標高は4.500メートル以上である。高原上はかなり広大で、丸味を帯びた勾配の級やかな丘陵と平坦地との比高は300−500メートルにすぎない。

 高原上を流れる河川は海への出口がなく、内陸流域を形成している。地表には多くの凹地と山地がいずれもほぼ東西方向に平行して並んでいる。凹地には、多くの塩湖がある。蔵北高原は中国で湖の数が最も多い地域の一つである。著名な湖としては納木湖・奇林湖・札林湖・唐古拉悠穆湖・昂拉仁湖・昂則湖・阿達湖・巴木湖などがある。なかでも拉薩北部の納木湖(「騰格里海」ともいう)が最も有名である。納木湖の面積は2.400平方キロで、蔵北高原最大の湖であり、水面標高が4.650mで、中国で最も高い湖である。

 高原上の湖は塩分が非常に多く、食塩採取に利用される以外に石硼砂(硼酸ナトリウム)・硫酸ナトリウム・硫化ソーダなどの化学工業原料をも産する。高原の大部分は岩石や礫で.牧草はきわめて少なく,寒気の厳しい砂漠であり青蔵高原の中で最も荒涼とした地域である。

 藏南(チベット南部)河谷は,岡底斯山脈とヒマラヤ山脈との間にあり,山脈に平行してほぼ東西に走る縦谷である。谷底の標高は約4,000m前後で,その大部分は雅魯藏布河谷である。とくに拉薩河谷平野は最も広い。西側はインダス川上流の河谷となっている。この縦谷の東部は降水量が比較的豊富で草原があり農業も可能である。一方.西部はかなり乾燥していて大部分が礫原である。

 蔵南縦谷の瑪那薩羅沃湖(瑪法木錯〕付近は,インド・バキスタンの四大河川、すなわちサトレジ川・インダス川・喀郡里河・雅魯蔵布江の水源地である。かつて梵語の地理で.瑪那薩羅沃湖とその北部の岡底斯山(6,714m)を「聖なる湖」「聖なる山」と尊称していたことは有名である。

 ヒマラヤ山脈から南へ流れる諸河川の多くは,ヒマラヤ山脈に横谷をつくって貫流しているので,西蔵とインド間の分水嶺の位置は絶えず北へ移動している。たとえば,ガンジス川の支流の阿籠河は,ヒマラヤ山脈の山稜を横切っているので.珠穆朗瑪と干城章嘉山から北流する川はすべて阿龍河に流入し、阿寵河の上流は真っすぐ拉達克山の南斜面に至っている。拉達克山とヒマラヤ山脈との間には東西の長さ300kmの縦谷,すなわち阿龍河上流の区域がある。

 青海高原は柴達木盆地および青海省の南部を占め,面積約40万km2で,青海省の全面積の半分以上に達する。この高原は.主として箆嵩山脈およびその支脈の可可西里山脈・巴顔喀拉山脈・積石山(アニエマチエン山脈)などから構成される。その標高は4,500,5,O00m以上で,やや低い谷の部分でも3,200〜4,000mに達している。雪線高度は5,600m前後で、万年雪におおわれた高峰がきわめて多い。高原の西部と南部は蔵北高原・四川・西北高原に連なっている。高原は原形を比較的よくとどめている。地勢は西から東へとしだいに低くなるが,’ψ“}南東部だけは河川に深く刻まれ,深い峡谷と高い山脈とを生じている。長江・皐甲,ホ・,ン,,ン黄河・湖合江は,いずれも水源を青海高原の高地に発しているので,“江・河の源”と呼ばれている。高原上の河川や湖の沿岸には.牧草が見事に生長し,牧畜地域となっている。

 青海高原にも湖が非常に多い。そのいくつかは,海まで流出する河川と連なり,また1本の川が,いくつもの湖を結んで流れていることも多い。これらの湖は黄河上流のオリン湖・札陵湖などのようにすぺて淡水湖である。青海省の北東部にあって省都西寧から約80km離れている青海湖は,断層作用でできた陥没湖で,塩水湖である。その面積は427km2で,中国最大の塩水湖である。湖面の標高は3,200mで,湖水はかなり深く,最深は38mである。青海湖のほかにも,いくつかの沼沢地帯がある。たとえば,黄河の源流である約古家列渠一帯、星宿海・長江上流の液馬灘は,いずれも広い沼沢地帯である。星宿海は長さ30km,幅16kmの沼沢地である。その中に無数の小さな池が散在しているので、“星宿海”といわれている。

 川蔵(四川・西蔵)峡谷は,青蔵高原の部分で,著名な横断山脈の部分てもある。その位置は,ほぼ那曲の東,チュンライ山の西にあって,山脈の走向が東西からしだいに南北へとかわるところにあたる。山地は北に高く,南に低い。北部の標高は5,200mで,山頂は平坦である。南部の標高1ま4,000m前後で,山々かなり険しく,山頂部と谷底の標高差が2,500mにおよんでいる。大雪山山脈の最高峰であるコンガ山の山頂は万年雪におおわれているが,中腹には森林が茂り,山麓では四季を通じて青々とした田園が見られる。このような見事な景観は南部峡谷地域の特徴である。高原上では,山は高くて谷が深く,山岳と谷が隣り合っている。西から東に高黎貢山・怒江・怒山・瀾滄江・寧静山(雲嶺)・金沙江・沙魯里山・雅聾江・大雪山・大渡河・チュンライ山などの山々や河川がある。

 この地域の河川の方向や配列はきわめて珍しい。金沙江・瀾滄江・怒江は肩を並べて南流し,北緯28.前後ではこの3本の河川の距離は80km足らずとなるが,海に注ぐ河口では,相互の距離が3,000kmに達する。これは確かに,世界一の地形の中でも奇跡に近い現象である。この原因は,河川の争奪と関係がある。元来,河川の流れは,強いものが弱いものを奪うという働きがある。水量が多く,流れの速い川は,しばしば水量が少なく,流れの遅い川の一部分を奪いとったりする。金沙江は,もとは南に流れてソンコイ川に続き,ベトナムのハイフォンで海に入っていた。しかしその後,浸食力の強大な長江に奪いとられてその上流となり,今日のように中国の上海付近で海に入るようにかわってしまったのである。


HOME

――――BBC世界の屋根探険会 烏里 烏沙 制作・2003年3月8日――――