中国の美しい十大名山 

 

 

海抜7782メートルの南迦巴瓦峰

NO.1 ナムチャバルワ(チベット自治区)

 南迦巴瓦峰は海抜7782メートル、同峰が位置する雅魯藏布(ヤルツァンポ)大峡谷地区の地質的構造が複雑なプレート構造により強烈な地質変動をもたらし、南迦巴瓦峰の山壁はそそり立ち、地震・雪崩などが多発、登攀難度はきわめて高く、長い間人類未踏の最高峰のひとつとして、「処女峰」としてあがめられてきた。1992年10月30日、中日合同登山隊が初めて登頂に成功した。南迦巴瓦とはチベット語でも多くの解釈があり、「燃えるような雷電」「天空に突き刺す長矛」などといわれる。これらの神々しい名前からも、南迦巴瓦峰の征服がどれだけ難しいかを知ることができる。

 

 

横断山脈最高峰――ミニヤコンカ(7556m)

NO.2 ミニヤコンカ(四川省)

 四川貢ケヌ山(ミニヤコンカ)は四川省康定・瀘定・石棉の3県の県境に位置し、面積40万ヘクタール。1996年、四川省甘孜藏族州大民政府の認可を経て、同年5月、四川省政府が省級自然保護区に指定した。1997年に国家級となり、主に森林生態系・希少動物・現代氷河などの自然景観が保護対象となっている。貢ケヌ山保護区は世界でも指折りの遺伝子プールとして知られているほか、世界の生物地理区域の中の最も代表的なひとつであり、重要な保護価値・科学研究価値を有している。

 

 

 
珠穆朗瑪

NO.3 チョモランマ(チベット自治区・ネバール)

 珠穆朗瑪とはチベット語で「聖母」を意味する。海抜8844.43メートル、世界最高峰の峰である。ヒマラヤ山中の中国・ネパール国境、西藏日喀則(シガツェ)地区定日(ティンリ)県の南側に位置する。山頂には終年積雪があり、荘厳な趣を魅せる。珠穆朗瑪峰地区には8千メートル級の山々が4峰、7千メートル級の山々が38峰続いている。4〜5月および10月の両季節は天候も温暖で晴れ渡ることが多く、珠穆朗瑪峰登攀には最適の季節である。

 

 

日照金山――梅里雪山メンツ峰

NO.4 梅里雪山(雲南省・チベット自治区)

 梅里雪山は雪山のプリンスともよばれ、藏族(チベット族)から「神山」としてあがめられてきた。雲南省シw欽県の東北約10キロメートルを横断する山脈の中を流れる怒江と瀾滄江の間に位置し、康巴藏族人民にとっての心の中の聖山である。主峰のカ格博(カワカブ)峰は海抜6740メートル、雲南最高峰の峰である。梅里雪山はその壮麗さ・神秘さから世に名を知られ、1930年代には米国の学者にカ格博峰は「世界で最も美しい山」と称された。これまでに中日合同登山チームが連続して3回登攀したが、山頂に達することはできなかった。梅里雪山にある登貢寺・袞瑪頂寺はいずれも藏族の人々が同山を崇拝して建立された寺である。毎年雲南・西藏・四川・青海・甘粛の各省・自治区の藏族人民が礼拝に訪れる。チベット文化が色濃く残る、また藏族以外の人々にとっても冒険心を駆り立てられる観光聖地である。

 

NO.5 仙人の住む山、黄山(安徽省)

 黄山は自然景観に特色のある山岳観光地で、奇松、怪石、雲海、温泉は黄山の“四絶”といわれ、人々の惜しみない称賛を浴びている。

 黄山には72峰もの有名な山があり、それぞれに特色がある。その中でも光明頂(1840m)、蓮花峰(1873m)、天都峰(1829m)は黄山の三大主峰だ。黄山は山の海のみならず、雲海にもめぐまれており、雲海を観るのは黄山観光のポイントの一つである。

 黄山を登った人々は皆、黄山で最も美しい景色は頂上に到達して初めて眺めることができると悟る。普通の山登りと違い、雲霧があるときが最も美しい眺めなのだという。

 

 

 
稲城三神山の1つ央邁勇(5958m)

NO.6 最後のシャングリラ、仙乃日―稲城三神山(四川省)

 最後のシャングリラと言われる稲城には深呼吸をしたくなるような風景が広がる。仙乃日山は三神山(仙乃日山、夏諾多吉山、央邁勇山)の一つで、もっとも標高が高い(6032m)。

 稲城三神山は亜丁チベット民族を守護するとされ、北の仙乃日は観世音菩薩、南の央邁勇(5958m)は文殊菩薩、東の夏諾多吉(5958m)は金剛手菩薩にあたる。チベットの人々は、もし三回参拝できたなら一生の願い事が叶うと信じている。山麓の湖は珍珠海といい、仙女が水面に姿を映して身支度を整えたと伝えられる。神聖な雰囲気が漂い、山頂には万年雪が積もっている。

 仙乃日は三峰の中に高くそびえ、菩薩が蓮華座に座しているような佇まいだ。姿勢正しく鎮座し、懐には巨大な仏塔を抱いている菩薩のような仙乃日に降り注ぐ陽光は、後光が差しているようだ。

 

NO.7 喬戈里(K2)峰(新彊ウイグル自治区・パキスタン)

 「喬戈里」とはタジク語で「高大で偉大」を意味する。喬戈里峰は海抜8611メートル、喀喇昆侖(カラコルム)山脈の主峰であり、世界第二の高峰として、海外ではK2峰とよばれている。

 

 

 
聖なる山――カイラス

NO.8 カイラス(チベット自治区)

 岡仁波斉峰は通称「雪霊山」とよばれる。西藏(チベット)自治区普蘭県の聖湖、瑪旁雍錯の北に位置する。岡底斯山の主峰であり、海抜6656メートル。有名な仏教聖地のひとつである。岡仁波斉峰にまつわる伝説は数多く残されており、仏教を信仰する人々にとっての心中の聖地である。

 

NO.9 泰山(山東省)

 壮大なスケールを誇る泰山の歴史は古く、関連する文化財も数多く残されている。1982年、泰山は国務院により初の国家重点風景名勝区のひとつに指定され、1987年にはユネスコから世界自然・文化遺産として二重指定を受けた。泰山には今もなお古建築群22カ所が良好な保存状態にあり、総建築面積は14万平方メートル以上になる。また泰山には各種石刻が2200ヶ所以上に残っており、「中国摩崖刻石博物館」の誉れを受けている。

 

NO.10 仏教の聖地、峨眉山(四川省)

 峨眉山は、観光地として一般観光客に公開されている山の中で一番高い山で、四川省成都の南西約150kmのところにある。主峰の万仏頂は標高3099mで、泰山(1524m)の約二倍の高さだ。山は巨大で、山道は50キロ近くにもなる。相当の体力がないと登頂できないが、近年ハイキングコースができ、観光客は比較的楽に登山を楽しめるようになった。

 峨眉山は中国四大仏教名山の一つで、四川盆地南西部に位置し、峨眉山市内には大峨を含めて二峨、三峨、四峨の4つの大山。大峨と二峨は向き合っていて、二峰はなだらかで、女性の細い眉のような線を画いている。

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このサイトについて
リンクについて   著作権について   免責事項について
ご意見・お問い合わせ
 

home

―――チベットカム山岳研究同好会・最終更新日:2009年2月26日―――